夢に向かって

June 13, 2017

 

自分に何ができるのか、

本当にやりたいことは何なのか、

というご相談をよくうけます。


それが仕事であっても、

そうでなくても、

もっと輝ける何かがほしいという願望が強い女性が多いです。


その気持ち、よくわかります!


当校にも、

自分探しから一緒にお手伝いさせて頂き、

今や大ブレイクの方がいらっしゃいます。


私自身も、今の司会業に一直線だったわけではありません。


音楽科の高校から(全員音大に進学します!)音楽大学のピアノ科に入学し、

大学1年生からYAMAHAのデモンストレーターとピアノの先生をはじめて、

むしろピアノ一直線だったのです。


それがなぜ司会者に転身したかというと…。

 

そのデモンストレーターをしている時に、

トークが下手だと言われ、

ショックを受けて話し方教室に通いはじめ、

人前で話すことにハマっていったからです。


20代前半は、

ホテルでピアノを演奏する仕事と、

子供のレッスンと、

司会業を掛け持ちしていたのですが、

次第に司会のウエイトが大きくなっていったのです。


司会業を選んだ理由は一言では言えませんが…。


ピアノを弾くことも、

音楽全般も大好きですが、

自分の仕事として考えた時に色んな意味で司会の方が向いているのではないかと思ったことと、

エンドユーザーのニーズを感じたことが嬉しかったからでしょうか。


今、

確信できるのは、

私が本当にやりたかったことはピアノより司会業だったということ。

 

この仕事にかけてきて、

継続してきて本当によかったと思いますし、

まだまだ進化していきたいという向上心を持つことができます。


ただ、

音大に行かせてくれた両親にだけは、

親が思い描く娘になれたのかなと時々心痛むのですが。


でも、自分の人生です!


自分で切り拓いていかなくてはという思いが勝って、

いつも納得しています!


そして、

YAMAHAのデモンストレーターをして、

しゃべりが下手だと言われなければ、

司会に興味をもつこともなかったと思いますから、

少し遠回りをしましたが、

ピアノをやっていたからこそ今の自分にたどりつけたわけです。


そう思えば、

通る道だったのです。


私の話ばかりになって恐縮ですが、

何が言いたいかというと…。


自分ができること、

やりたいことを見つけるためには、

固定概念や思い込みにとらわれず、

何倍も視野を広げて考えてみることも大事だと思うのです。


私の場合…


親や、

ピアノの師匠、

音楽関係の友達に、

「私はピアノより司会が好き。」

と言うと喜んでもらえないのではないかという深層心理があったように思います。

 

それが思い込み?刷り込み?だったのです。


自分が本当にやりたいこと、

そして周りの方にとって価値のあることは何でしょうか。


一緒に考えて、

1日も早く夢に向かって歩きはじめませんか?


もっともっと輝きたい

そして、

輝けるあなたを心から応援します。

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 Related article 
​関連記事
Please reload

 What’s New 
​最新記事

イベント成功の秘訣「イベントページをつくろう!」

February 18, 2018

イベント成功の秘訣「集客の方法」

February 18, 2018

イベント成功の秘訣「マスタープランをつろう!」

February 17, 2018

「どうもやる気が出ない」そんな時にモチベーションを上げる方法

February 10, 2018

女子の学校の講座がオンラインで受講できるようになりました

January 6, 2018

1/6
Please reload

ニュースレターをお届けします。
​女子の学校の最新情報をメールでお送りいたします。メールアドレスを入力して下さい。