サロンマダムのマーケティング入門|ブログで集客する方法

November 22, 2017

 

今回のテーマはブログで集客する方法やビジネスブログの効果的な書き方、コツについてまとめてみました。
これからブログ集客を始めたい方や、現在ブログを書いているものの、集客に繋がっていない方は参考にしてみてくださいね。

 

 集客で必要な大まかな流れは次の4つです。

 

1. ホームページでコンテンツをつくる


例えばお料理教室の場合、教室の募集要項を掲載し、そこから申込みができるようにしておきます。


2. 見る人にとってが役立つ記事を書く


信頼が得れるような記事を書きます。また、アクセスが集まるようタイトルを工夫します。


3. SNSで記事を拡散させる


4. ブログからホームページに誘導する。

 

回りくどいようですが、顧客の心理(興味・関心→連想・欲望→比較・確信→決断)を考えるとこのような手順を踏まなくてはなりません。
ポイントは、ブログで売り込まないことです。

 

* ターゲットのアクセスを上げること
* ターゲットからの信頼を得ること
* ターゲットを売るため(募集するため)のコンテンツ(ホームページに設置)に誘導すること

 

ブログを書いても読者が増えなかったり効果が上がらない理由

 

ブログで効果が上がらない原因は、ブログでアプローチからクロージングまでやってしまっていることです。
つまり、ブログで売り込みをしてしまったり、意味のない日記を書いてしまってるからです。
はっきりいって、殆どの人は記事に興味はありません。

売り込むのではなく売り込むためのコンテンツ(ホームページ)に誘導することが大切です。

失敗しないためには、ブログの役割を3つ絞ることをオススメします。

 

 

ターゲットにとって役立つ記事を書く

 

ブログで成果をあげたいとお考えの方は、とにかくターゲットにとって役に立つ記事を書くことです。

これがなければ、ターゲットのアクセスを上げることも、ターゲットからの信頼を得ることも、ターゲットを売るため(募集するため)のコンテンツ(ホームページに設置)に誘導することもできず、集客につながることはありません。

 

どんな記事が役立つのか?

まず、役に立ちたい人(教室やサロンに来て欲しい人)をはっきりさせなければなりません。
今、教室やサロンに来ている生徒さんを思い浮かべて下さい。
どんな方が来られてますか?
特徴を書き出してイメージして下さい。
その人達が「自己解決できる記事」を書くことです。
例えば、料理のコツや案外知っているようで知らないことなどを記事にすることで役立つ記事につながって行きます。
ちなみにこのブログ記事では、教室やサロンをされていて、ブログで集客したいけど取り組み方がよくわからない方や、すでに取り組んでいるが効果が上がらない方に向けて回答となるように書いています。

 

ノウハウを公開したら誰も教室やサロンに来ないのでは?

確かに心配する気持ちはわかります。
でも、心配する必要は実はないのです。
ノウハウを公開しても実行できる人とできない人がいるのです。
また、時間をかけるぐらいならプロに直接聞いた方が良いと考える人や、教室やサロンに直接通った方がよいと考える人が沢山います。
実際、このような方が良いお客様になって頂けます。

 

ノウハウは公開したほうがお得になることが多い

今の時代、ノウハウは隠すよりも公開したほうがお得になることのほうが圧倒的に多いです。そのため、ネット上はすでにたくさんのノウハウであふれています。
あなたが公開しなくても遅かれ早かれ誰かが公開するのは時間の問題ですので、もったいぶらずに役立つノウハウ記事をドンドン書いていきましょう。
売り込みをせずに有益な情報を無料で提供していると、読者は「この人(会社)は信頼できそうだ。」「無料でここまで公開しているのだったら、お金を払ったらもっと有益な情報が貰えるのでは。」という心理が働きます。
すると結果的に自然と集客できるようになるのです。

 

記事は量より質を重視する

 

ブログで集客するにはたくさん記事を書いた方が良いと言われますが、これは質の高い記事が担保されていることが大前提になっています。
実際、何の役にも立たない記事をたくさん書いても集客できません。
集客を目的にブログを書くなら、量より質を重視しながら取り組むのがよいでしょう。
とにかく最初は1記事ずつ質を重視しながら地道に書き進めることをオススメします。
自分で記事を書く場合、質の高い記事を毎日更新するのはなかなか難しいですので、毎日更新にこだわる必要もありません。
情報過多な今の時代、質の低い記事を書いても埋もれてしまいますので、ターゲットに突き刺さる質の高い記事を書くことを意識しましょう。

 

人柄や価値観を伝えるための記事を書く

 

買い物をするとき怪しいところからは買いたくないですよね。これはお客さんも同じ気持ちですので信頼を獲得することはとても重要です。
役立つ記事で見込み客からある程度のアクセス数を集めることができるようになってきたら、人柄や価値観を伝えるための記事も書いていきましょう。
(まずは役立つ記事を書くことで、見込み客からのアクセスを集めることが優先です。)
お客さんは売り手の人柄・価値観を知ることができると、親近感・共感に繋がり、さらにそれは安心感・好意・信頼に変わっていきます。
ただし、あくまでもメイン記事はビジネスに関する内容にしておかなければコンセプトがブレてしまうので、やり過ぎないようにしましょう。
人柄・価値観を伝えるための記事の割合は2割以下くらいに抑えておくほうが良いです。

 

人柄や価値観を伝えるための記事ってどんなの?

趣味、感銘を受けた映画、本などの話題は人柄や価値観が伝わりやすい内容です。その他には自分の体験や話題のニュース(時事)に関して感じたことなどを書くのもいいでしょう。

休日の体験などを書く場合「おもしろかった」というような感想だけでは人柄や価値観が伝わらないので、体験を通じてどう感じたのかというところを詳しく書くことが大切です。

 

コンテンツ(ホームページ)に誘導する

売るためのコンテンツに誘導するといっても、特別なことをする必要はありません。記事のすぐ下にリンク(バナー・CTA)を設置しておくだけで大丈夫です。

 

きちんと役立つ記事を書くことができるとそれだけで効果的に誘導できるので、それ以上何かをする必要はありません。

 

 

次回は、実際にブログを書く時のつくり方や書き方について

 

 

 

サロンマダムのマーケティング入門|ブログで集客する方法①←現在、このページをご覧になっています。
サロンマダムのマーケティング入門|ブログで集客する方法②

 

 


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

 Related article 
​関連記事
Please reload

 What’s New 
​最新記事

イベント成功の秘訣「イベントページをつくろう!」

February 18, 2018

イベント成功の秘訣「集客の方法」

February 18, 2018

イベント成功の秘訣「マスタープランをつろう!」

February 17, 2018

「どうもやる気が出ない」そんな時にモチベーションを上げる方法

February 10, 2018

女子の学校の講座がオンラインで受講できるようになりました

January 6, 2018

1/6
Please reload

ニュースレターをお届けします。
​女子の学校の最新情報をメールでお送りいたします。メールアドレスを入力して下さい。